読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きままにきまま

好きな感じに好きなものを書く

青空文庫で「本」を読む

青空文庫。御存じの方も多い方思いますが、お気に入りのアプリなので書いてみます。

青空文庫 http://www.aozora.gr.jp/ は著作権の消滅した小説などを読めるサイトです。

このアプリではスマートフォンでそれが読めちゃう!という便利なものです。

私は本が好きなのですが、大量の本を手放すことが出来ずwでも買いたい、読みたい…という活字中毒気味なところがあるので、電子書籍というのはとても有難いものです。

しかしKindle Paperwhite Wi-Fi にはちょっと手が出ないなー高いなーなんてのも悩みで。

そこで!

無料のこのアプリです。

お恥ずかしながら昔の文豪の本など読んだことがなかった私には宝の山でした。

有名どころでいうと太宰治宮沢賢治夏目漱石から不勉強ながら知らない先生方の本がここで自由に読める!!

使い方も簡単です。

f:id:ly9:20150324141650p:plain

読みたい作品の作者を検索。
(これといってなければTOP100やランダムを試してみるのも楽しいかも)

作品をダウンロードします。

 

f:id:ly9:20150324141651p:plain

するとこちらのような一覧が出ます。どのくらいまで読んでいるか%で示してくれるのもいいですね。

f:id:ly9:20150324141652p:plain

実際に読む前には、設定画面で自分の読みやすいように文字や画面を変えることが出来ます。

f:id:ly9:20150324141653p:plain

で、私はこんな感じ。
寝る前に読むことが多いので画面や色を暗くし、目に優しくしていますw

フリックでページ捲りが出来るので片手での操作も簡単。本を捲る感覚に似ています。

電車通勤で本を持ち歩くのが面倒!なんて方にもおすすめ。

スマホさえあれば文豪の小説をいつでもどこでも読むことが出来る!

オススメのアプリです。