きままにきまま

好きな感じに好きなものを書く

よいお年を

本当に今年も色々ありましたが!

何とか無事に年を越せそうです。

様々な形で、色々な人に支えられているのを再認識出来た1年でした。

本当たくさんのことがありすぎて、山あり谷ありでしたが、何とか1年間無事生きられました。これも周りの皆々様のお陰です。

ありがとうございました。

来年もどうぞよろしくお願いします!

皆様、良いお年をお迎えくださいませ。

今年ももうすぐ終わるね

年の瀬も迫ってきた。

間もなく2017年も終わる。

今年も色々なことがあった。

良いことは結婚式を挙げたことや、新婚旅行に行ったこと、日常を比較的安穏と生きられていること。

悲しかったことは、図らずもたくさんの死に直面してしまったことだ。

いいことも悪いことも、どちらもたくさんあったし、書く以外にもたくさんのことがあったのだけれど、ここ数週間ほどで複数の「死」を体験してしまい、めちゃくちゃしんどい。

ブンブンサテライツの川島さんが死んだ。

LINKIN PARKのチェスターが死んだ。

SHINeeのジョンヒョンが死んだ。

祖母が死んだ。

私の中に芽吹いた小さな命も消えてしまった。

重なる時はあると聞くが、本当にこの1年で重なりすぎて、年末にきて押しつぶされそうな思いだ。

大事な人の死というのは、芸能人と近親者ではまるで感じ方が違う。感じ方は違えども、悲しいものは悲しい。平等に、並列に語ることはできない。それでもやはり、悲しいのだ。

 特に「アイドル」というカテゴリの中で、気持ちを注いできた人の死というのはかなり辛いものがあった。

奇しくも私の中の命が消えてすぐに、ジョンヒョンも死んでしまった。

悲しみに沈んでいたところへ、更なる追い打ちであった。

 

まだ簡単に「もう大丈夫だよ」と言うことは出来ない。

あの人も、あの人も、あの人も、あの人も、あの子も死んでしまった。

いつまでも悲しんでいても、誰も戻ってこない。何を悔やんでも仕方ない。

分かってはいるけれど、そんな簡単に乗り越えられるものでもない。

今は悲しんでいていいと思う。悲しむことは悪いことではない。悲しいという感情を吐き出しきってしまわないと、永遠にその気持ちは心の澱になってしまうと思うから。

 

誰が死んでも、世界は回る。

誰が死のうと、生きねばならない。歩を進めねばならない。時間が止まることはない。

それが現実だ。

 

少し蹲って、立ち止まって。そこからまたゆっくり歩きたい。

前を向かねば。

少しずつ、少しずつ。

SHINeeジョンヒョンのこと

久しぶりの記事が、またも悲しい内容に何てなると思わなかった。

SHINeeのジョンヒョンが12/18に亡くなりました。27歳でした。

 

私の中のジョンヒョンはいつも笑っていて、感動しやすくて涙もろかった。
とにかく笑顔ばかりが思い浮かぶ
大好きだった。

まだ受け入れきれてはいないけど、ずっと悲しみに伏すことだけが喪ではないと思うので書きました。

ありがとうジョンヒョン。大変だったね。もう何もしがらみのない世界でゆっくり羽を休めてください。「お疲れ様」。

本当はもっとあなたの歌を聞きたかった。すごく悲しい。でも、あなたが悲しむことは私にとっても悲しいことだから。

だから安らかに、ゆっくり休んでください。

R.I.P.

headlines.yahoo.co.jp

 ショックで言葉が出てきません。

嘘だと言って欲しい。

私の青春でした。たくさんの衝撃を彼から受け、育ちました。

今までありがとう、チェスター。

今はただ祈ることしか出来ません。

悲しいけれど…。

ご冥福をお祈りします。

一番好きな曲です。Numb。


Numb (Official Video) - Linkin Park

ケータイ小説と「小説」の体裁の話

今時は携帯小説と言ってもスマホ層がほとんどなので、スマホ小説というべきなのか。

私は活字がとても好きですが、所謂ケータイ小説が非常に苦手です。

もう体裁が整ってないって時点でアレルギーが止まらなくて…。
(こういったブログやSNSなどでは気にならないんですが…)

という愚痴だから省略しとくわ!腐女子の文字書きでこんなこと考えてるやつもいるってよ!という話。

決して存在を否定するものではなく、私がとにかく苦手だよって言いたいだけ。

続きを読む